3/20 マガ9主催ワークショップのゲストスピーカーで来日 パウルクニープさんのご紹介

ドイツ人のパウルクニープさんは現在大学院生。
研究テーマは市民運動、交換留学生(早稲田大学)として来日経験があり、日本の文化や語学にも非常に精通しています。
そして、パウルさんはSEALDsヨーロッパサロンをコーディネート。
2015年9月2日 ライプツィヒ大学
2016年1月6日 ウィーン大学
2016年1月9日 チューリッヒ大学
SEALDsメンバーと共に各国で展開したサロンでは多くの在ヨーロッパの若者達から熱い注目と共感を集めました。

ドイツではナチズムの反省から、先進的な政治教育をおこなっています。
自分の意見を持ち、政治参加に向けた行動力を育てることを大切にしている「主権者教育」とは?
パウルさんのお話にご期待ください!

お申し込みはこちらまでお願いします。
http://www.magazine9.jp/

パウルクニープさん