戦場カメラマン・村田信一さんのプロフィール

1963年 松本市生まれ
1990年よりパレスチナ、ソマリア、レバノン、コンゴ、ボスニア、イラク、チェチェン、シエラレオネなど戦争の現場を取材。
とくにパレスチナには、ほぼ毎年通っている。
2011年からは、東日本大震災の東北の撮影も続け、今では「この世界の本質」を感じ、表現することをテーマにしている。
著書には「戦争という日常」「バグダッドブルー」(いずれも講談社)、「パレスチナ残照の聖地」(長崎出版)などがある。

*講演終了後にサイン会が予定されています。
村田信一さんの著書「世界のともだち」シリーズ(偕成社)「パレスチナ」「イスラエル」を当日教文館ナルニア国でお買い求めください。

講演会の詳細に関するお問い合わせはこちらです。
sirusirukenpou@gmail.com

art_5079_00