ドイツの街には、あちこちに「つまずきの石 Stolperstein」というプレートが石畳に埋めこまれています。

10センチ四方の真鍮板には、ナチス時代の犠牲者の名前や生年月日などが彫られ、その人が最後に住んでいた家の前の歩道に埋めてあるのです・・

犠牲者の生々しい運命を刻むこの石を前に、私たちはつまずくことなく、歩き続けることができるでしょうか。

Learning from HISTORY<Nazism>
7月3日(日)専修大学にて開催します。

IMG_0531