日本国憲法にたびたび出てくる「公共の福祉」は、英文版では「public welfare」です。

「公共の福祉」という言葉は日常生活で使うことはなかなかないので、どういう意味なのか、モヤモヤしていませんか?

そもそも「公共」の「公」って?英語の「public」と同じ意味なのでしょうか?

これまでも、英語と日本語の不思議な関係を解き明かしてこられたアーサー・ビナードさんに「Public」について語っていただきます。

そして、いっしょに「公共」と「公共の福祉」について考えましょう!

日時:2018年8月23日(木)18時~19時半

会場:教文館6階 ナルニア国(店内)

定員:60名

参加費:1000円(当日受付でお支払いください)

申し込み方法:

①ナルニア国発行の「イベント優先参加券」をお持ちの方はぜひご利用ください。確実に参加ができます。下記の日程で電話予約を受付しますので、「イベント優先参加券使用」とお伝えください。優先枠の定員は10名です。*7月7日(土)~9日(月)の3日間

②参加ご希望の方は、お電話でナルニア国までご連絡ください。定員に達した時点で受付を終了いたします。

電話番号:03-3563-0730 *電話予約受付開始が7/10(火)より(午前10時~午後8時)1コール1名のみ

主催:教文館ナルニア国 しるしる憲法