実は昨日の授業がまだ胸に刺さっている方が多いのではないでしょうか?
「モヤモヤした後味を残す授業ほど、本望だ!」
とおっしゃっていた菅間先生から以下のメッセージを頂戴いたしました。
自由の森学園、菅間正道です。
昨日の「ユダヤ人迫害の授業」に
参加された方々、そしてそれを準備
された方々、どうもありがとうございました。
1週間のしごとを終えて、週末にさらに
出前授業をする、というのは正直なところ
負担感が全くないと言えば嘘になります。
でも、参加されたみなさんの真剣な姿勢、
一人ひとりのこえの中に身を置くと、不思議と
疲れが吹き飛び、ともに探求することの
喜びと得も言われぬちからがわいてきます。
ひとりで学ぶことも大事ですが、ともに、
異なる他者とともに学ぶこともとても
大切だし、意味あることだと思います。
そして、くりかえしますが、参加された方は
もとより、そういう学びの場を立ち上げて
くださっている「しるしる」の方々にも
深い感謝の意を表したく思います。

13592694_819814248149280_1934724055805697443_n