銀座教文館で開催中のイベント
「だるまちゃんといっしょにけんぽうを読もう!」
3月3日(金)第3回目のワークショップ「Shall we kenpou?」
が無事に終了いたしました。

憲法が生活にとっても身近なことを感じた方がたくさん🎵

「憲法を守らなければならないのは政治家や公務員です」という話に怪訝そうな様子だったかたも1時間半で、「憲法は国が守るもの」とすっきり感想をお話して下さいました🍀

・憲法はくらしにかかせないものだと思いました。素敵なワークショップですね❗

・今まで今日のように身近なことを憲法に照らし合わせて考えたことありませんでしたが、…改めて…憲法は生活と深く関わるものですね。

・憲法は「国が守る」ものというのは、驚きました。

9条ばかりが目立ってしまうけれど、普段の生活に関わる事項が多いことがわかり、身近に感じることができました。

・普段の生活において、人の行いで正しいと思うことを明文化してあるということは、生きて行く上で安心感が得られると思いました。

・毎日やってること、日頃の悩みという全く日常のことから入って、憲法につなげるのが凄く大胆でおもしろいな~と思いました。ドキドキしました💕

・生活と結びつけることによって、憲法がこんなに身近なものとして考えられることに驚きました。

・小学校でもこのような形で憲法を教えると良いなと思いました。ありがとうございました。

・日本という、この憲法に守られた国に、今、住んでいるこということを自覚しました。

・(憲法が)こんなに短いものだと思わなかった。書いてあることの正しさを感じました。

・日常生活にひきつけて考えたことで、憲法がぐっと身近なものになりました。みんなで考えることで、1つのことを広くとらえることができ、視野が広がりました。楽しかった‼ありがとうございました。

17098554_969108006553236_267279809225901461_n