3月18日アースプラザで行ったワークショップです。
映画「コスタリカの奇跡」の上映会をきっかけにつながったフェアトレードのお仕事をされてる方や反差別で活動されている方々が参加してくださいました。
「ねこと遊ぶこと」と憲法の関係は?? 13条、22条、25条、35条、27条・・・。たくさん関連がありますね😉で始まったワークショップ。
公共の福祉ってなんだろ? 子どもの人権守られてるかな?子どもの人権を守ることは保育士さんを守ることじゃないのかな?報道って一部を切り取って放送してないかな?

・みなさんのお話しが聴けて、自分の話もできて、とてもよかったです。憲法について、こんなふうにじっくり対話型で考えたのは初めてでした!
・生活と憲法がつながってるんだと思いました。嬉しくなる条文がたくさんありました。
・目からウロコ。憲法は本当は身近なんだと実感しました。共有できる思い、ビミョーに違う思い、いろいろ出し合える場がもっと増えるといいです。
・公共の福祉についてとても関心を持ちました。双方の意見の上、みんな(公)が幸せになるスペースを持つ。そうなったら良いですし、そうなるむずかしさにおどろきます。

みなさんの感想からも、みんなそれぞれ意見がちょっとずつ違っても、憲法をとおしてたくさん対話ができますね。そして、公共の福祉から、common=社会的共通資本の大切さ、お金にかえられないものの価値、Doを求められて、苦しくなってる人達の問題もたくさん考える時間になりました。

帰りに、アースプラザ内にあるフェアトレードのお店へ。みんなが幸せになるお金の使い方がここにあるなって思いました🍀