今月の12条する青猫書房には
4名が参加されました。初めて会う年齢も様々の皆さん。
それなのに、美味しいコーヒーと無茶々園の🍊蜜柑をいただきながら、まるで旧知でもあったかのように憲法と暮らしを語り合い、楽しい時間を過ごしました。不思議なようで不思議じゃない。だって私たち、憲法という共通のベースにまもられているんだもの。

平和を思う気持ちは一緒だけど、歴史認識、歴史観はさまざま。読む本や話す相手、見てる方向でそれはそもそも違ってきます。どちらが正しいということもないかもしれない、そもそも過去を検証することは本当に難しい。感情的になってしまうことも少なくありません。
だからこそ、たくさんのことを多角的に学び、知り、自分で思考していくしかない。死ぬまで孤独に思考していくしかないのだと思います。
議論をしながら13条19条21条をこんなに愛しく思ったワークショップははじめてだったかもしれません。これらの条文にまもられているから、安心して語り合うことのできる場、時間がワークショップで楽しめること。本当に大切にしたいです。

来月も12日には赤羽の青猫書房さんで12条する
しるしる憲法ワークショップを行います。
よかったら、遊びにきてください。
赤羽青猫書房さん、とても素敵な本屋さんですよ。

2020年1月12日日曜11時~13時くらい
参加費500円➕飲み物代

お待ちしています。

♪皆さんの感想から
・憲法がみじかになりました。
・とても楽しかったです。自分の住む地域の仲間のところにも是非きてください!
・今日も有意義な時間が過ごせました。中村哲さんの話が出来て、ちょっと心が少し軽くなりました。
・歴史に対する認識が人によってぜんぜん違う…のを改めて実体験できました。対話、してゆくこと、大切ですね。