ママの会@調布の皆さんが母体となって憲法を勉強していらっしゃる、調布市社会教育グループ「つむぐ」さん。

今回はつむぐさん主催の調布市教育委員会 社会教育グループ公開講座としてお招きいただきました。

2つのグループに分かれて行ったワークショップでは
「ごはんをつくる」というのはあらゆる条文につながるね、という意見がでました。
幸せの13条であり、表現の自由であり、内閣や国会がしっかりしていなくては、他国との交渉によって、安全でない食べものが入ってきてしまい25条も守られず。
また経済的格差によって、自由に食べ物も選べないことや、14条も守られなくなってしまうね、と話はつながっていきました。

日常と憲法がぐっと身近に感じていただけたみたいです。

憲法くんも言ってます。
「今までずっと暇でしたよ。がんばれと言われれば、まだまだがんばります」って。
これから、もっと憲法を生かしていきたいですね✨       

 小さいお子さんを育てている方が「子どもが大人になったときの世の中を想像したら、いまのままでは、、、と不安になります。けれど、回りにはそのことを話せる雰囲気がなくて」と話されていました。
他にも「社会のことを考えるのは特別なこと⁉️、話してもふーん、すごいねーで終わってしまう」というお悩みも。

しるしる憲法は一人でも、二人でも、
どこへでもワークショップにお伺いします🎵 

お気軽にオーダーくださいね☺️